2010年03月18日

採用ポスター1万枚回収=陸自商標権侵害の恐れ−埼玉県警(時事通信)

 埼玉県警は18日、採用試験のポスターに使用したキャッチコピーが陸上自衛隊の商標権を侵害する恐れがあるとして、ポスター約1万枚の回収を始めたと発表した。キャッチコピーは「明日のために。未来のために。守りたい、『ひと』がいる。」で、陸自の「守りたい人がいる」と類似している。
 県警は、採用試験のポスター作製の際に複数の業者からキャッチコピーの案を募り、その中から選定した。問題となったキャッチコピーは2009、10年度のポスターで採用された。10年度のポスターは約600万円を掛けて作製され、一部がJRや東武電鉄の電車内、地下鉄の駅構内などに掲示されている。
 県警によると、このキャッチコピーについての商標権を業者に確認したが、提案した業者から「特に問題がない」と回答されたという。今後の採用ポスターについては未定としている。
 県警警務課は「警察で(事前に)確認できなかったことは遺憾」とし、陸自側は「謝罪を受け、回収するということなので、コメントは特にない」としている。 

刑事処分の「後追い」でない行政処分システムを−医療事故で日医(医療介護CBニュース)
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル(医療介護CBニュース)
野生ニホンザル、花粉症で受難 兵庫・淡路島(産経新聞)
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識(医療介護CBニュース)
<びわ湖開き>春の便り 40隻がパレード(毎日新聞)
posted by モロズミ ケイイチ at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

捜査1課長を更迭=「私的な不適切行為」−警視庁(時事通信)

 警視庁は15日、捜査1課長の西沢康雄警視正(55)を警務部付とする人事異動を発表した。「私的行為上の不適切事案があり、捜査1課長の職の継続が適当でない」として、国家公安委員会の内規に基づき処分もしたとしている。
 後任には若松敏弘鑑識課長(57)が就任した。 

【歴史に消えた参謀】吉田茂と辰巳栄一(1)われは秘密軍事顧問なり(産経新聞)
首相、訪米に意欲 米国土安全保障長官と会談(産経新聞)
小型ロボットアーム取り付け=「きぼう」で野口さん(時事通信)
佐藤昭子氏死去(田中角栄元首相の元秘書)(時事通信)
<公明>民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)
posted by モロズミ ケイイチ at 02:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。