2010年04月09日

<被爆マリア像>「戦争の悲劇伝えたい」 初の渡米 長崎・浦上天主堂(毎日新聞)

 長崎原爆で被爆し、首から上の部分が残った浦上天主堂(長崎市)の「被爆マリア像」が、5月にニューヨークの国連本部で開かれる核拡散防止条約(NPT)再検討会議に合わせ、初めて渡米する。マリア像とともに渡米する高見三明カトリック長崎大司教(64)は「キリスト教国の米国で、戦争の悲劇を伝えたい」と話している。

【特集】ヒバクシャ広島/長崎

 マリア像は爆心地から約500メートルの至近距離にあった旧・浦上天主堂に安置されていたが、長崎原爆で被爆。熱線で黒焦げになりながらも首から上の部分が残り、戦後の廃虚から見つかった。過去には85年にバチカンで、00年には旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の被害を受けたベラルーシで展示されたが、米国での展示は初めてだ。

 今回は高見大司教が国連の招きで訪欧後に渡米することが決まり、マリア像も「同行」することに。30〜5月7日の日程で、ニューヨーク市内の教会などで展示される見通しだ。【錦織祐一】

【関連ニュース】
米国:核使用を大幅限定…「非保有国は攻撃せず」宣言へ
新核軍縮条約:「歴史の舞台」プラハ歓迎 「核なき世界」1年、米露が調印へ
ジェームズ・キャメロン監督:原爆テーマ映画を構想 長崎で二重被爆者に面会
二重被爆者の故・山口彊さんを偲ぶ会 中学生ら「命のバトン受け継ぎます」
ニュースがわかる:非核は守られているのか

日本人死刑執行、疑問・懸念で対中感情悪化も(読売新聞)
与謝野新党「週明けにも決めたい」…藤井元運輸相(読売新聞)
飲酒運転、免許再取得に「日記」義務化へ(読売新聞)
強風、総武・京葉線動かず…羽田84便欠航(読売新聞)
「主流になれず決心」=与謝野氏の自民離党で−中井防災担当相(時事通信)
posted by モロズミ ケイイチ at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。